ラクスラは乳酸菌、麹菌、酵母菌という3つの菌で、無理しないでスッキリ・ダイエット!

乳酸菌について

乳酸菌とは?

私たちの腸内には、身体によい作用をもたらす善玉菌、有害な作用をもたらす悪玉菌、どちらにも付く優柔不断な日和見菌が存在しています!
これらをお花畑に例えて、腸内フローラ(腸内細菌叢・ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

 

乳酸菌の効果は、大量の乳酸を作りだすことで腸の中を酸性にし、私たちの腸内環境を整えるとっても大切な働きを持っています。このことをプロバイオティクス効果といいます。腸内の乳酸菌は排便の回数を増やしてくれる効果が報告されています。

 

 

200種類以上もある乳酸菌の代表格として

 

乳酸菌シロタ株、これは渡辺謙さんでおなじみヤクルト菌ですね!正式名称を
ラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株といいます。

 

キリンが発見したKW乳酸菌、アレルギー改善や免疫力アップに力を発揮します。

 

プラズマ乳酸菌、これも日本で発見され冬の風邪やインフルエンザの強い味方です。

 

LG21乳酸菌もお馴染みですよね!胃酸の影響をものともしない、乳酸菌の中でも武闘派、
お父さんには嬉しいピロリ菌の活動に制限を与えてくれます。

 

ガセリ菌SP株
こちらは生きた乳酸菌のまま大腸まで届き、さらに永くとどまってくれる力強い味方です。

 

ラブレ菌、こちらも日本で発見されました!吉永小百合さんでブレイクした植物性の乳酸菌です。

 

ラクスラの

乳酸菌・EC-12

の正式名称は「エンテロコッカス・フェカリス菌」という球形の乳酸菌で、ヨーグルトなどに含まれている桿菌(棒状・円筒状の細菌)に比べると、なんと5 分の1 程度の大きさ(500ナノメートル)ナノです。このフェカリス菌はもともと人間の腸内に存在するヒト由来の乳酸菌。乳酸菌とは、糖を分解して大量の乳酸を作りだす微生物の総称を指しています。牛乳や乳製品、日本では味噌やお漬物など、世界中に発酵食品として広く知られていますよね。

 

乳酸菌であるフェカリス菌は生菌より効果がある・加熱殺菌することで単位容積あたりに詰め込みが可能、つまり菌の数を凝縮している。そしてそれ自体が腸の免疫力を活性化する特徴があります!腸そのものも免疫力を上げているというから、マジ ヤバいですよね。

 

また加熱殺菌することで、胃や小腸で消化・分解されることなく大腸までしっかり届くのです。(生きた乳酸菌である生菌は胃の消化液で(ここでは残念なことに)殺菌されて、腸まで届かないのです。)だから腸までしっかり届いて善玉菌の増加を促してくれて腸内環境を整えてくれます。

 

 

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌

は、

健康なヒトの腸内に多く常在する乳酸菌で、悪玉菌を減少させ その中でも免疫力を高める力が特に強く、腸管内の環境を整える役目があります。さらには白血球数をぞうかさせ、がん細胞と戦い、オマケに抗がん剤の副作用を軽減させる力まで持っています。(特許取得)

 

インフルエンザやノロウィルスなどの感染症への抵抗力まで強めてくれます。肝炎、腎炎、糖尿病疾患にも活かされています。

 

ラクリス菌は

ラブレ菌と同じ植物性の乳酸菌、これは善玉菌優勢の腸内環境を造り出し、アレルギー症状の抑制、蠕動(ぜんどう)運動を活発にさせこれも善玉菌優勢の腸内環境をつくり便秘を解消、なんといっても強い菌(1週間も腸内に長期滞在してくれます)なのです。

 

普通のヨーグルトでは乳酸菌の数は100億個!ですが、ラクスラは1回分で1兆650億個(5粒でヨーグルト106個分)という半端ない乳酸菌の数で腸内環境を善玉菌優勢の状況にしてくれて翌朝にはどっさり排出してお腹スッキリなのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ